« 2017 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

身体を冷やすな。

 「身体の冷えは万病の元」とよく言いますが、最近はそれを題材にした本もたくさん出ています。

 バイトの休憩時間は暇な事が多いので、駅構内の本屋で暇つぶしの本を探しました。そこで見つけた文庫本。
春・夏・秋・冬「体を温めて」病気知らず! (知的生きかた文庫)春・夏・秋・冬「体を温めて」病気知らず! (知的生きかた文庫)
(2007/12)
石原 結實

商品詳細を見る


 この“石原 結實”先生の書く本は、ほとんど「体を温めなさい」というようなことが書いてあり、私も何冊か持っております。

 この『春・夏・秋・冬 「体を温めて」病気知らず!」から、いくつか抜粋したいと思います。

*****
 〈P56~P60より抜粋〉
 現在、日本人の死亡原因の1番は断トツで「がん」です。(中略)
 1位のがんは、昔は少なかったのですが、毎年増え続けています。しかも、最近ではがんは若年化してきています。
 中尊寺ゆつこさんという漫画家が42歳の若さで、大腸がんで亡くなられました。それから1ヶ月も経たないうちに、NHKで英語番組を担当していた羽生未来さんが肺がんで30歳という若さで亡くなられました。
 今の医学では、がん患者に対して「どうやって手術するか、どんな抗がん剤を使うか」というところにばかり目を向けています。つまり、病気の全体像がなかなかわからないところがあるのです。
 医療が進んでも、医者が増えても、がんが増えているのは、「体温の低下」がひとつの要因ではないかと私は思っています。というのは、がん細胞は体温が35度のときに一番増殖します。逆に、39.3度以上になると死滅するのです。
 19世紀にドイツにブッシュという医者がいました。(中略)
 このブッシュ先生が「がんが自然治癒をした」症例をいくつも発表したのです。がんになった人が肺炎や丹毒(皮膚にできる感染症)などを起こして、高熱が1週間、2週間と続いたら、がんが治ったという症例を何人も出しているのです。
 1900年には、アメリカ・ニューヨーク市立病院のコーリー医師が、肺炎や丹毒を起こして高熱が続くと、がんが治る人がいる、ということを発表しています。つまり、西洋医学でも、がん細胞は熱に弱いということはわかっているのです。
 「ハイパーサーミア学会」という学会があります。
 これはがん患者を温熱療法を施して治す療法をしている学会です。これがかなりの成果を収めているようです。
 がんというのは頭の先から、足の先まで、どこでもできる病気です。しかし、「心臓がん」はありません。心臓は、大きさが体重の200分の1しかない小さな臓器ですが、体温の9分の1を発生させています。(中略)このように「体温の高い臓器」にはがんが起こりにくいのです。
 こういうことからもわかるように、がんは低体温で起こります。日本人の体温はかつてに比べ、約1度下がっています。がんの予防には、体温を温めておくことが一番大切なのです。
 (中略)
 日本人の体温が現在のように低くなった原因はさまざまです。
 体温の40%以上が筋肉から出ているのですが、昔のように歩かなくなったこと、昔は手でやっていた掃除や洗濯も機械まかせになったことなど、運動不足がまず一番の原因でしょう。
 そして、夏はエアコンが効いた部屋に一日中入り浸っていることも要因のひとつです。また、現代文明のストレス。ストレスがかかると、副腎からアドレナリンが出て血管が縮み、血流が悪くなります。これが長く続くと体温が下がる要因になるのです。(中略)
 手っ取り早い方法としては、生姜紅茶を飲むこと。毎日2~3杯飲むだけで体の芯から温まってきます。
 そして日ごろから。お風呂や温泉、サウナなどにゆっくり入ったり、よく歩き、体を動かす、体を温める食べ物を食べる…などです。
*****

 がんの箇所だけ抜粋して書きましたが、「体を温める」ということは、何もがんだけに良いわけではなく、さまざまな病気に対して効果的のようです。体を冷やすと良くないけど、温めて悪いことは何もないってことですよね。
 こういうことからもわかるように、風邪などで熱を出すっていうのは、決して悪いことではないんだなということです。
 私が学んでいる浄化療法のテキストにも「西洋医学の誤謬」として岡田師の論文が書かれているのですが、「医学における誤謬の根本は、何といっても病気苦痛の解釈である。すなわち医学は苦痛そのものをもって人体を毀損し、健康を破り、生命を脅かすものとしており、苦痛さえとれば病は治るものと解している。この考え方こそ大変な誤謬である」
 要は、風邪を引いて、体内にたまった毒素などを、熱や鼻水、咳やたんなど生理的に自然排除作用が起こっているのに、無理に薬で抑えようとしたりすることが間違いだ、ということです。(このことを柔軟に捉えられず、ストイックに捉えて実践〈何がなんでも薬を体内に入れないとか、病院へは一切行かないなどなど〉しようとする人が中にいるから、カルト教団とか何とか一部で言われる原因になったんでしょうね…(苦笑)。)

 話がちょっとずれましたが、浄化療法も学んで行くうちに熱を発することで体から悪いものを排除しようとする作用が起こる、ということが出てきます。石原先生の本も、またさまざまなところでも、とにかく体を温めろ、っていうようなことが出てきます。温めたいですねー、体(笑)。そんなことを書いている私の手先、足先はものすごく冷えています…(苦笑)。生姜茶を1日1回じゃ足りないんですね。また「生姜茶」ではなく「生姜紅茶」の方が効果があるようです。

 先ほどテレビで「免疫細胞療法」についてやっていました。シャーレにがん細胞とTリンパ球を一緒に入れたところ、Tリンパ球がものすごい勢いでがん細胞をやっつけていました。このTリンパ球は体内に存在するのですが、簡単に言えば、それを体外に取り出し、培養した上で再び体内に戻す、副作用のほとんどないがん治療法だそうです。自らの免疫細胞でがん細胞を抑えつけるってなんかちょっと素敵!って思っちゃいました(笑)。QOLを維持したまま治療ができるって夢みたいですね。(詳しくは「瀬田クリニック」のサイトをご覧ください)ただ…これは保険適応外の療法なので、1回に約26万かかるそうで、1クール6回なので、1クール受けるのに単純計算で156万!!!!ひゃーっ!命には代えられないけど…代えられないけどーー!けど、オーダーメイド医療と言われる現代、一般的ながん治療だけでなく、こういう選択肢もあるんじゃないかと思います。
病気のこと | CM(4) | TB(-) 2009.02.22(Sun) 22:04

コスプレBAND

 再始動したユニコーンだけれども、テレビに出る度に5人揃っての衣装。完全にコスプレバンドになっています。お巡りさんだったり、軍人だったり、おそ松くんだったり。今日のMステなんて、白衣をまとったお医者さんだったよ!聴診器まで持っていたし。

 そんなユニコーンのアルバム、『シャンブル』が堂々1位にランキング。え?ユニコーンって1位になるの初めてなの?ウソだよ、『ケダモノの嵐』は??日本レコード大賞アルバム賞まで受賞したじゃないの。

シャンブル【初回生産限定盤】シャンブル【初回生産限定盤】
(2009/02/18)
ユニコーン

商品詳細を見る


 で、そんな『シャンブル』ですが、奥田氏の曲は完全にソロとの差がない(笑)。あれ?これは奥田民生のアルバム?と思ってしまうくらいにまったく差がない。特に2曲目。“ザギンデビュー”は井上陽水奥田民生で出来るんじゃないかと思います。まー、彼は「ユニコーンだから」とか「ソロだから」とかわけて曲を作ったりはしていないだろうし、歌う人が奥田民生なんだから差がなくて当然。阿部Bの曲は全部好き。やっぱり彼は良い曲を書くなぁ…。最高のメロディーメイカー。昔、某ケ●ッグ兄弟というバンドのキャップが、「阿部Bに氣志團路線でプロデュースしてもらってエイベックスから曲を出したい!」という話をしていたのを思い出しました。川西くんの作った“キミトデカケタ”は、やっぱり同郷のライバル、Perfumeを意識してのことでしょうか?ボコーダ使いでした(笑)。テッシーの作った“オッサンマーチ”は、タイトルだけを見て一瞬「三人!?」って思いました(気のせいです)。

 しかしユニコーンって面白いバンドだなぁ。全員が曲も詞も書けて、しかも全員がリードボーカルになれるという。まるでビートルズ的。自分の書いた曲は自分で責任持てということか?(笑)それとも、ただ単に出たがりか?(笑)。
音楽 | CM(0) | TB(-) 2009.02.20(Fri) 23:04

浄化療法3級資格講座【1回目】

 私が普段受けている岡田式浄化療法、気休めと思う人も、うさん臭い宗教の行為と思う人も中にはいるだろうけど、やはり身体的にも精神的にも楽になるのは確かだし、このお陰で化学療法をしなくても痛みが特になくここまで来れているのも事実なので、この療法をもっと理解したい、そして私も出来る様になって誰かの役に立てたらと思い、資格講座を受ける事にしました。だって、私の様に救われてる人もいる訳で、有り難いと思う人もいる訳で、それらの方々は殆どがボランティアなのです。



続きを読む
浄化療法 | CM(0) | TB(-) 2009.02.18(Wed) 15:22

くつ届いた。

 先日注文したA.P.C. × NIKEのスニーカー、本当に注文から1週間後ピッタリで届きました。
090218_01.jpg

 段ボールを開けるとスニーカーの靴箱の他にポストカードやらリーフレットやら。
090218_02.jpg

 開けるまでドキドキでしたが、ちゃんと白×白。
090218_03.jpg
 可愛い!早速履いてみたけど、履きやすい!

 シュータンに白文字でA.P.C.のロゴ。
090218_04.jpg
 写真だと余計にわからないけど、かすかに見えますかね?

 早くコレ履いて出かけたい!スニーカーを買ってワクワクしたのは久々だなぁ~。
洋服・小物 | CM(8) | TB(-) 2009.02.18(Wed) 14:39

麩まんじゅう

 母が友達と長谷に行ったので、お土産に『麩帆』の麩まんじゅうを買って来てくれました。
090217_01.jpg

 手前がいつもの麩まんじゅう。奥が季節限定のおまんじゅうで、粟が入ったおまんじゅうを山帰来の葉っぱで包んだもの。
090217_02.jpg

 それぞれの葉っぱを開けると、みずみずしい麩まんじゅうが登場。
090217_03.jpg

 粟の入った方は、粟がプチプチとしていて、不思議な感じ。美味しかった。でもやっぱり、いつもの笹の葉に包まれた蓬の麩まんじゅうが一番美味しい

 麩帆の麩まんじゅうはこの甘さが良い。大好きっ。
お菓子・甘いもの | CM(0) | TB(-) 2009.02.17(Tue) 22:03
copyright © walking on the rainbow! all rights reserved.

アクセスカウンタ

プロフィール

Yuko

Author:Yuko
※リンクフリーではありません。リンクする際はご連絡ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Google

リンク

検索フォーム

Flickr

RainBow-poon - Flickriver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。